コムサデモードはホームページにこだわらない

コムサデモードのことをホームページで調べていくうちに、コムサデモードのブランド名を持つ株式会社ファイブフォックスは1980年代のDCブランドブームで一躍有名になり、その後SPA化へ転向したことはあまりにも有名な話ですね。

コムサデモードのことをホームページで調べると1990年代のモード全盛期に一気に成長しました。

しかし、コムサデモードをホームページで調べていくうちに、もっと判ったことはアパレル業界というところは芸術的な考え方が強く、感覚だけにのっとった経営手法の販売が当たり前でした。

そこでコムサデモードのブランド名を持つファイブフォックスでは企業的な手法による商品開発・数値的管理・徹底教育の仕組みを取り入れて成果を上げました。

コムサデモードはホームページによると大手他社へも影響を及しアパレル業界の主導的役割を果たしたといっても過言ではない。

コムサデモードのホームページによると、特に商業色の強いSPAの台頭は、これまでのデザイナーありきから消費者ありきの考え方に移り、いろんなところで消費者を念頭においたブランドや企業形態が出来上がった

コムサデモードのホームページがないということで言うと、IT化は商品管理などでの必要最小限にとどめおり、何が何でも人間的な知覚や感度を重要視している。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。